任意整理で借金が軽減できる

任意整理で借金が軽減できる

借金の返済に四苦八苦している人は少なくないでしょう。中には家族の生活に影響が出てしまっている人もいます。もしも生活が立ち行かなくなったり、自転車操業に陥って脱出できないようでしたら、任意整理をおすすめします。
任意整理は住宅や車など生活に必要なものを残したまま借金の残債を整理し、大幅に圧縮して返済可能な額だけを返済していくものです。返済額を軽減できるため生活は大幅に楽になるはずです。返済額は債権者と話し合って決めることになりますが、3~5年かけて毎月2万円ずつというのが一般的です。自己破産とは異なり和解後も返済義務が残ってしまうことがデメリットではありますが、住宅ローンを対象外にすることができるため、家族が生活する家を守ることができるのが大きなメリットです。また、車が必需品である場合はこれも残すことができます。
任意整理は生活に大きな影響を与えずに債務を整理できることが特徴です。自己破産とは異なり裁判所を介さずに手続きをしますので、官報に載ることもありません。信用情報機関への情報は載せられますので今後は新しく借金をすることができなくなることはデメリットといえるでしょう。自己破産をするのは家族への影響が心配という人は、まずは任意整理を検討してみましょう。ただし、借金の総額が多すぎたり、少額であっても返済ができない状況である場合は、弁護士から任意整理ではなく個人再生や自己破産をするようすすめられます。
任意整理の方法|少しでも返済していきたいと考えている方はこちら